フジWi-Fi

フジWi-Fiの端末とその速度をまとめてみた!【FS030Wのプラン1択】

更新日:

今回の記事では、フジWi-Fiの端末のスペックについて解説していきます。

フジWi-Fiというと、いろいろなプランがあり、そのプランごとにもらえる機種が少し変わってくるので、ちょっと分かりづらいですよね。

フジWi-Fiはそのお手頃な価格からとても人気のあるWi-Fiなんですが、ネットの反応を見ると、端末の通信速度についての不満がちらほら見受けられます。

この記事では、その評判が本当に正しいのか検証していきましょう。

 

フジWi-Fiの各端末の速度や性能を詳しく解説

はじめに、フジWi-Fiで使える各種端末の速度とその性能について解説していきます。

フジWi-Fiには国内で利用可能な端末が6種類あり、選ぶプランによって利用できる端末が異なります。

それでは1つずつ見ていきましょう。

FS030W

FS030WはフジWi-Fiのすべての料金プランに対応しています。

フジWi-Fiには通常プランが複数あり、4G/LTEという無制限にデータ使用が可能なプランから月々200、100、50、25ギガバイトまで使えるプラン、そしてWiMAX2+という無制限にデータが利用できるプランの6つが存在します。

この端末はすべてのプランに対応しており、また台湾での利用プランにも対応しております。

通信方式は、無線LAN が2.4GHzと5GHzから選ぶことができ、Bluetoothは 2.4GHzとなっています。

5GHzの方が2.4GHzより通信速度が速く、他のポケットWi-Fiなどが近くにある際に起こる電波干渉に強いです。

連続通信時間が約20時間と、このあと紹介する他の端末に比べて最長である点がFS030Wの優れている点です。

通信速度は受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbpsです。

 

ARIA2

ARIA2は4G/LTEプランのみ対応しています。
通信方式は無線LAN 2.4GHzとなっています。

こちらの端末の連続通信時間は約17時間で、通信速度は受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbpsです。

 

Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05はWiMAX2+プランに対応しています。
通信方式は無線LAN 2.4GHzと5GHzから選択可能です。

こちらの端末の連続通信時間は約540分と他の端末に比べて短くなっており、通信速度は受信最大440Mbps/送信最大30Mbpsで受信最大速度が他に比べて速くなっています。

 

Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04はWiMAX2+プランに対応しています。

通信方式は無線LAN 2.4GHzと5GHzから選択可能です。

こちらの端末の連続通信時間は約390〜約630分と幅があり、通信速度は受信最大440Mbps/送信最大30Mbpsでこちらも他の端末に比べて受信最大速度が速くなっています。

 

・304ZT

304ZTは4G/LTEプランと100ギガバイトのプランに対応しています。

通信方式は国内4G方式(FDD-LTE/AXGP)、4G方式(FDD-LTE/AXGP)、3G方式通信速度となっています。

こちらの端末の連続通信時間は約9時間で、通信速度は通信速度:下り最大187.5Mbps/上り最大37.5Mbpsです。

 

501HW

501HWは304ZTと同様に4G/LTEプランと100ギガバイトのプランに対応しています。

通信方式は4G方式:FDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)、4G方式:AXGP(2.5GHz)となっています。

こちらの端末の連続通信時間は約10時間で、通信速度はこちらも304ZTと同様に下り最187.5Mbps/上り最大 37.5Mbpsです。

 

フジWi-Fiの国内で利用できるポケットWi-Fiの端末は上記の6つです。

 

フジWi-FiのWiMAXプランは、旧端末しか選べない

フジWi-FiのWiMAXプランは旧端末しか選ぶことができません。

WiMAXが利用できるSpeed Wi-Fi NEXT W05、Speed Wi-Fi NEXT W04の2つの端末は、前述の通り、他のポケットWi-Fiの端末と比較して非常に連続通信時間が短くなっています。

これは、この2つの端末が他のフジWi-Fiで利用できるルーターに比べて、型が古いことが理由となっています。
連続通信時間とはいわゆるバッテリーとほぼ同義です。

この2つの旧端末は単純にバッテリーが他のルーターに比べて弱いので、使い勝手が悪くなっています。

WiMAXのプランは他のプランに比べて通信最大速度は速くなっていますが、ポケットWi-Fiとしての使い勝手を考えるとあまりお勧めはできません。

 

フジWi-FiはFS030W以外は性能悪い

前の項ではWiMAX対応の2端末について解説しましたが、実際のところFS030W以外の端末はあまり性能が良くないです。

その理由として、他の端末はすべて5GHzの通信方式に対応していない事が挙げられます。

前述の通り、ポケットWi-Fi同士や各種要因によって電波干渉が起こることは少なくありません。

ポケットWi-Fiはたくさんの人が利用しているのでなるべく同じ周波数を利用している事が原因で起こる電波干渉は避けたいですよね。

FS030W以外は5GHzに対応していないことから電波干渉が起こることは容易に予測可能です。

ですので、フジWi-Fiを利用する際は、FS030Wを利用できるプランを選択することをオススメします。

 

まとめ

今回はフジWi-Fiで利用可能な、ポケットWi-Fiの端末とその速度について解説しました。

通信速度は1つの端末を除きあまり良いとは言えない結果となりました。

フジWi-Fiにはいくつもプランと端末があり契約する側としては迷ってしまいますが、実際のところ選択肢は1つしかないという事が分かっていただけたのではないでしょうか。

それはFS030Wを利用できるプランを契約することです。

もし、この記事を読んだあなたが、ポケットWi-Fiが必要でフジWi-Fiのプランを契約しようと考えているのであれば、FS030Wをレンタルする事ができるプランを必ず選択してください。

-フジWi-Fi

Copyright© どんなときもWi-FiとフジWi-Fiを超細かく比較.COM , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.