どんな人にはどっちが後悔せず快適に使えるかを検証しています。

どんなときもWi-FiとフジWi-Fiを超細かく比較.COM

どんなときもWi-Fi

どんなときもWi-Fiの海外利用は本当に便利?メリット・デメリットまとめ

投稿日:

 

格安航空会社のプランなども増え、より一層海外に出ることが身近になりつつある現代。連休のお休みがあれば、海外旅行をお考えの方も多いのではないでしょうか。

 

ですが海外旅行に行くとなると心配なことがいくつか、、、、そうその中の一つがネット環境です。

ネットがないと連絡手段がなくなるだけでなく、不慣れな海外で迷ったときに地図をみたり調べたりすることもネット環境がないとできません。

海外でも使えて、普段も使いたい、、、そんな希望に沿ってくれるのがどんなときもwi-fi

です。

 

どんなときもwi-fiは海外でもそのまま使える!

結論からお伝えしますと、使えます!別のwi-fiを用意する手間なく、普段から使えるwi-fiをそのまま海外に持って行って使うことができます。

一般的なwi-fiは海外は非対応のものもありますよね。

下記では、

  • なぜどんなときもwi-fiが海外でも使えるのか
  • 気になる料金
  • メリットやデメリット

についてお話していきますのでチェックしてみてください。

 

どんなときもwi-fiはなぜ海外でも使えるの?

どんなときもwi-fiとは、クラウドSIM搭載のモバイルwi-fiです。一定期間のギガ数制限もなく、またクラウドSIMのおかげで、広いエリアで、そしてほぼすべての時間が快適に使うことができます。

無制限で使う時間場所を選ばないモバイルwi-fi、それがどんなときもwi-fiです。

 

どんなときもwi-fiに搭載されているクラウドSIMとは、さまざまな回線に合わせて変身することができるSIMになります。通常の携帯電話やwi-fiは1つの回線にしか対応できません。例えば、docomoの携帯がauの電波をつかむことはありませんよね。

モバイルwi-fiもこの1回線のみ対応が一般的の為、そのまま持って海外にでても回線は掴めません。

しかし、このどんなときもwi-fiに搭載されているクラウドSIMは事情が違います。

回線に合わせて変身することができ、その回線の電波をつかむことができます。その為、日本であれば、トリプルキャリアに対応でき、その場所時間でより使いやすい(空いている、電波が強い等の状況を考慮)回線を自動で選んで使うことができます。

そして、海外に出ても同じ。このどんなときもwi-fiのSIMが現地の電波に合わせることができるので、そのまま特別ほかのwi-fiを用意しなくてもそのまま使うことができるのです。

 

どんなときもwi-fi、海外での使用料金は?

107か国で使えるどんなときもwi-fi。気になる料金は使用するエリアにより少し異なります。

 

・アジア、オセアニア、北米、ヨーロッパ(69か国)

一日/¥1280(非課税)

 

・中東、南米、アフリカ(37か国)

一日/¥1880(非課税)

 

比較としてイモトのwi-fiを見てみると、

一日/¥1880+安心保障¥300
計¥2180(2019年6月現在)

どんなときもwi-fiは安心保障込みで上記の金額。どんなときもwi-fiが低料金であることがわかります。(安心保障とは、盗難故障に対しての保証となります。)

 

また一つ大きな特徴としては、使用しなかった場合は¥0です。例えば、ホテルのwi-fiでことが足りた、複数人で携帯を持参していて自分は使用しなくて済んだ等使わない可能性も十分考えられます。何日~何日という指定での料金が一般的ですので、これはお財布にやさしいですね。

 

どんなときもwi-fiの海外利用のメリットとは?

 

なんといっても、その使いやすさ。他社のwi-fiと比べて面倒な事前準備がいりません。

事前の手続きなくいつも使っているまま。海外に持って行けば大丈夫。

事前に調べてなくて配送間に合わない!ということもないですし、空港で受取の心配をしたりする必要もありません。楽チンですね。

 

またSIMの差し替えも必要ありません。

通常ですと、その国の回線に対応しているSIMカードを入れる必要がありますが、どんなときもwi-fiはクラウドSIM搭載ですので差し替えも不要です。

もう一つ嬉しいのが遠隔サポート!海外でトラブルがおきなぜか使えなくなってしまった、、、なんてことも起こりえます。どんなときもwi-fiは端末の故障を除き、電源さえONになっていれば、遠隔で操作し対応してもらえます。電話で聞きながら自分で直すのは中々大変。この遠隔サポートは心強いですね。

 

どんなときもwi-fi海外利用のデメリット

 

これだけ簡単に海外でも使えて、サポートもついていて、、、デメリットなんてある?と思いますが、ありました。

 

デメリットとして考えられることそれは、料金です。

このどんなときもwi-fiは海外利用のために契約するわけではないので、月額料金というのが別にかかってきます。

ですので、海外利用するとなると、月額料金+海外利用の料金 という形です。

その為、場合によっては割高に感じてしまうかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

海外旅行、海外出張の度に準備が面倒、という方、準備のいらないどんなときもwi-fi使ってみませんか?

-どんなときもWi-Fi

Copyright© どんなときもWi-FiとフジWi-Fiを超細かく比較.COM , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.